憧れの街へ

rightは右でしょ?

2014年04月22日

英語で右がright、左がleft。
本を読んでいて、気になったのがright。
「Curious George Take a Job」でも、「Now they were right in the center of the town.」という文章が出てくるんですが、こんなシーンです。

goergeright

絵を見て、ジョージは通りの右側にいるので、どこにも「通り」なんて表現はないけど、街の真ん中の通りの右側にいるよ・・なんてことが書かれているのかと思ったんだなぁ・・・・・。

「今、ジョージはちょうど街の真ん中にいます。」って意味です。
真ん中より右なんではなくて、「ちょうど」くらいの意味なんですね。

でも、all rightとか、会話の最後にright?なんて、ドラマでも良く言ってますよね〜。実際に言ってるかどうかは知りませんけど。。。
right nowとか、right awayって言葉もありますもんね〜。そうそう! right onって言葉も聞きますし。

all rightは、「オッケー」とか、「その通り」とか、「それでいいよ」・・・とか。
Are you all right? で、「大丈夫?」だし。
right nowは、「今すぐに」。ちょうど今だよ!って事ですね。
right awayは、「すぐに」とか。
right onは、「その通り」とか。

調べてみると、副詞だとどう、形容詞だとこうなんてことが載ってますけど、話をしているご本人たちがいちいち副詞として使おう!とか、形容詞として使うぞ!なんて思ってない訳で・・・。
日本語を使うときだって、ほとんど感覚的にしか使ってないですしね。

前途多難!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です